学び/トレーニング歴


 

  •  1996 - 1999: 毎日の練習はRodney Yee (ロドニー・イー), Patricia Walden (パトリシャ・ワルデン), Bryan Kest (ブライン・ケスト)のビデオテープで!

 

  • 1999 - 2002: フィラデルフィアやその周辺で生のクラスを様々な先生に受ける。主な練習と学習は、アイアンガーとアシュタンガの影響を受けたヴィニャーサ。

 

  • 2002 - 2004: 2 Jamie Lindsay (ジェイミー・リンゼイ)のクラスに通う。当時のジェイミーの指導は、彼自身のアイアンガーとアシュターンガ・ヴィニャーサでの膨大なトレーニングでの学びを一つにまとめたものでした。それに加えて、呼吸を中心に扱うクンダリニーの練習からの理解を融合させ、さらにマークが通った後半は、そこにAndrey Lappa(アンドレイ・ラッパ)Universal Yogaでのたっぷりの学習時間から得たものが融合していました。ジェイミーからマークはプラーナーヤーマについて基本的な理解を受け取り、また2013年から教え始めたクロス・マットの練習も彼から経験します。

 

  • 2003 - 2005: 2 Betty Roi (ベッティ・ワ)のクラスに通い、数々のワークショップを受講。当時のベティーの指導は、20年に及んでアイアンガーとアシュターンガ・ヴィニャーサの両方を練習してきた経験と、両スタイルのトップレベルの多くの指導者から受けた学びが独創的に融合した内容でした。彼女のクラスは、独創的なダンスのような流れる動きと、アラインメントを知的にセラピューティックに応用したものでした。マークは、独創性が高いポーズの組み合わせやアラインメント、セラピューティックスの大部分を学び、また価値ある人生のレッスンをたくさん彼女から学びます。

 

  • 2004: Katchie Ananda (カチィ・アーナンダ)のものでAnusara Immersionを受講。興味もなかったマークを毎日の瞑想の練習へ促したのは、カチィでした。さらに、彼女のコミュニティーへの従事と、様々な社会問題や環境問題へ取り組みが、ヨガをマットの外で実践する方法について新しい視点をマークにもたらしました。

 

  • 2006 - 2008:  John Friend (ジョン・フレンド)のもとで幅広く大規模に学び、ワークショップ, マスター・イマージョン, ティーチャートレーニング, セラピュートレーニング, 上級インテンシヴを合計した時間数は500時間以上に及びます。また、アメリカ国内や日本において、何度かジョンのアシスタントをしています。マークはジョンから練習と指導について継続的な洗練がとても大切であると学び、体や哲学について多数の視点から常に検証することの大切さを学びます

 

  • 2006 - 2008: ジョンとの学びと平行して同じ時期、マークは恵まれてSianna Sherman (シアンナ・シャーマン)のクラスに通う。シアンナの詩的な言葉遣いとヨガーサナの提供法は、マークに自身の独創表現をさらに深く掘り下げて、本物のハートの言語と詩を掘り起こすように、インスピレーションとなりました。

 

  • 2007 - 現在: Paul Muller-Ortega (ポールモラー=オルテガ)もとで非二元論に焦点をあてた瞑想とインド哲学を学び続ける瞑想実践と非二元論系統をとる Shaiva Tantra (シャイヴァタントラ) 教示に関するポール経験と理解による深大な知識はマークにとって価値をつけられないほど貴重な物になっていますいった教えや実践内容は人生挑戦を目前にした際にはさらに深いところから物事を捉える事によって心均衡状態を高くもつことができるといマーク自身能力成長を可能にしました